necotomoの
ミッションステートメント

💎飼い主様が安心を得られるよう、お客様視点でサービスを行います
💎猫ちゃんの個性を尊重し、家族の一員と思い、愛情をこめてシッティングを行います

necotomoキャットシッター
ごあいさつ

はじめまして。necotomoの岡部智子(OKABE Tomoko)と申します。私が責任をもってお伺いし、お世話をいたします。

 

あなたの猫との出会いはどのようなものでしたか?

 

私と猫との出会いは2009年。近所にオープンした ねこカフェ「たまねこ」さんへ初めて訪れてから、猫に出会い、魅了されたのが始まりです。

 

我が家には現在2匹の猫が暮らしています。

1匹は人間のような猫レオン、もう1匹は抱っこが出来ないビビリちゃんだけど猫らしい猫の元保護猫フラです。フラは、そのねこカフェさんから譲り受け里親になりました。

 

猫の魅力って、本当に数え切れませんよね。最初は常に監視されているようで(笑)、正直慣れるまで時間がかかりました。今はそばに居てくれないと落ち着きません。

ビー玉みたいに綺麗な目と目が合う不思議、誰よりも居心地の良さにこだわる姿、身体のしなやかさ、モフモフすると嫌なことも忘れて、なんでも癒してくれる力がありますよね。いつからか、我が家はすべてが猫を中心にまわっています。

 

2016年、知り合いが誰もいない湾岸地域に越してきました。同じマンション内でペットシッター「ミニペットのがみ」さんを見つけた時は本当に嬉しかったのと、安心したことを覚えています。旅行や帰省の度にお世話になっていました。それだけではなく、唯一の顔見知りであり、「ねことも」の方でした。

 

2019年にご都合で廃業されると知り、当時、丁度自分の岐路に悩んでいた私。そして、バトンを受けてキャットシッターの道を目指そうと決意しました。

 

アドバイスや助言を頂き、資格取得の学びや経験を積むためペット用品店での勤務、併設の保護猫譲渡施設で動物愛護センターから引き出した保護猫のお世話、譲渡のお手伝いをしてまいりました。

 

私がお世話になったシッターさんのように、安心してもらえるキャットシッターになりたい、普段は何気ないネコトークも出来る近所の「ねことも」のような存在にもなりたいなと考えています。

 

私個人で責任をもってお留守をお預かりするため、自転車で行ける範囲、何かあっても徒歩で行ける範囲内が営業エリアとなっています。

ワンちゃんのように、お外で気軽に出会うことのない、今この時を一緒に生きている湾岸住まいの“十猫十色”の猫さんたちと出会えるのを楽しみにしております。

保有資格

・日本愛玩動物協会認定 愛玩動物飼養管理士 1級

・日本ペットシッター協会認定 ペットシッター士

・日本能力開発推進協会認定 上級ペット看護士

・日本能力開発推進協会認定 ペットセラピスト

・ペットフード協会 ペットフード/ペットマナー検定合格
・一般社団法人日本防災教育訓練センター ペットセーバーFirst Responder

ペットシッター賠償保険に加入

necotomoは一般社団法人 全日本動物専門教育協会(SAE)の会員の賠償責任保険(三井住友海上火災保険)に加入しております。シッティング中は細心の注意を払い、お客様の大切な猫ちゃんへのお世話をいたしますが、万が一の場合でも適切に対処させていただきますのでご安心ください。「シッティング中に誤って家具を壊してしまった」「お預かりしている鍵を紛失してしまい鍵を交換することになった」などの事故に適用されます

necotomoの猫スタッフ